フィンジアの栄養成分の種類は?

フィンジアの詳細はこちら

フィンジアに含まれる栄養成分は10種類です。

これらの栄養成分を、SPEテクノロジーにより毛根に届けるのです。

毛根に栄養成分を届けるために役立つのが、キャピキシル、ピディオキシジル、
そしてカプサイシンなのです。

フィンジアが育毛剤ランキングで人気の理由には、栄養成分の配合量の高さにあります。

キャピキシルは5%、ピディオキシジルは2%も配合されています。

ライバル商品と比べて配合率が高く、さらに定期コースを利用すれば9,980円という安値で購入できます。

成分の充実ぶりを考えれば、市販の育毛剤よりもずっと費用対効果が高くておすすめです。

キャピキシルは次世代のスカルプケア成分と呼ばれています。

アカツメクサに含まれるイソフラボンが過剰な男性ホルモンを抑制して育毛を促すのです。

イソフラボンは副作用のない女性ホルモン様成分であり、育毛によい成分として有名です。

ピディオキシジルはミノキシジル誘導体であり、いわば副作用のないミノキシジルです。

発毛剤のような顕著な働きはないですが、作用がマイルドなので敏感肌の女性からも人気があります。

頭皮の巡りをよくすることで、育毛を活性化させるのです。

髪の毛を元気にするためには、何よりも血行の促進が欠かせません。

冷え性の方ほど薄毛になりやすいと言われますが、これは冷えにより血行が悪くなるからです。

冷えを解消するには、シャワーで済ませる習慣はいけません。

毎日湯船にしっかりと浸かって、身体の内側から温めていきましょう。

全身を効率よく温めるためには、半身浴が最適です。
のぼせるリスクが低く、

つま先から頭皮まで温めることができます。
育毛ケアをするとき、
頭皮のマッサージだけすればいいと考える方が多いですが、血液は全身を巡っているものです。

頭皮に届くまでの血流に問題があるなら、結局は栄養運搬の効率は悪くなります。

フィンジアには豊富な育毛成分が含まれていますが、同時に食生活の改善もしていく必要があります。

髪の毛の成分となるタンパク質が不足する食生活は、髪を細くする原因となります。

フィンジアの効果を高めるためには、シャンプーの種類にもこだわるべきです。

おすすめのシャンプーは、育毛用のアミノ酸系です。
薄毛の方は頭皮が敏感になっているので、
強力なシャンプーはおすすめできません。
マイルドな洗い心地のアミノ酸シャンプーで、

少しずつ汚れを落としていきましょう。
育毛対策はコツコツと地道に続けるのが効果を出すためのコツです。

コメントを残す