フィンジアの副作用や危険性は?使ってよい育毛剤なのか

フィンジアの詳細はこちら

フィンジアは副作用や危険性を心配することなく使用できます。

相性の問題はあり、お肌に合わないと感じる方も稀にいますが、
ほとんどの方は問題なく使用できます。
相性の善し悪しだけはどうすることもできず、

これは改善のしようがないことです。
育毛剤ランキングで一番人気の商品だから、

自分にもベストとは限らないのです。

フィンジアには10種類の成長成分を配合し、
毛根を活性化させてくれます。
他の育毛剤と異なる点は、カプサイシンを配合していることでしょう。

カプサイシンは唐辛子の辛味を構成する成分なのです。

唐辛子を使った料理を食べると、大量の汗をかくでしょう。

発汗するということは、毛穴が一時的に開いています。

フィンジアはカプサイシンのゲートアクセス理論に着目し、
硬くなった毛穴を開かせます。
それにより、育毛成分が毛根まで届きやすくなるのです。

育毛剤を使用してもほとんど効果を得られないという男性は、
毛穴が閉じている可能性があります。
男性は皮脂分泌量が多いので、

女性よりも頭皮環境は悪くなりやすいのです。

毛穴に詰まった皮脂を除去することは可能ですが、専用オイルを使用する必要があるなど、

かなりの時間がかかります。
皮脂がロウ状態になっている方だと、
清潔な頭皮に戻すまで数ヵ月以上かかることもあります。

カプサイシンを含有するフィンジアなら、ある程度皮脂で毛穴が閉じていても、

液剤をうまく届けることができます。

フィンジアにはミノキシジル誘導体も含まれています。

ミノキシジルは血行促進に効果的な成分ですが、副作用や危険性があります。

それゆえ、医薬品の発毛剤に指定されているのです。
効果が高いほど、
副作用や危険性が高くなるわけです。

フィンジアに含まれるミノキシジル誘導体は、
副作用の心配がないおすすめの成分なのです。
巡りを活性化させることで、
育毛成分を毛根に届きやすくします。

さらに女性ホルモン様成分であるイソフラボンを配合しています。

カプサイシンとイソフラボンは相性がよい成分として知られており、

薄毛ケアの民間療法でも使用されています。
フィンジアのイソフラボンは、
アカツメクサ由来のものです。
アセチルテトラペプチド-3は4つのアミノ酸からなる成分であり、
薄毛の原因に作用してくれます。
フィンジアを使用すれば毛根に活力を与えて、

抜け毛を減らしてくれます。
抜け毛が減少してきたら、頭皮状態がよくなっている証拠です。

その状態を維持すれば、自然とヘアサイクルが正常になるでしょう。

コメントを残す